会社概要

eFrontは、金融業界専門のソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであり、オルタナティブ投資とリスク管理を専門としていることで知られています。eFrontは、プライベートエクイティ、不動産投資、銀行、保険業界の主要企業にソリューションを提供しております。

歴史

設立年

1999

eFrontは、バーティカル・エンタープライズ・ソフトウェア・アプリケーションを迅速かつ効率的に開発することを目的とするテクノロジープラットフォームとして1999年に設立されました。

拡大

2000

1999年から2002年にかけて、eFrontは事業領域の拡大に取り組み、経費管理、勤怠管理、CRMなどのさまざまな分野で複数のバーティカル・エンタープライズ・ソフトウェア・アプリケーションを開発しました。

製品発売

2002

CDC Innovation社(当時のeFrontへの投資会社)の導きにより、eFrontは最初のベンチャーキャピタル投資家向けソフトウェアソリューションであるFront Ventureの製作と発売を行いました。Front Ventureによって、eFrontはファンドと業務管理、および報告活動に効率性をもたらしました。それ以降、Front Ventureはベンチャーキャピタル以外の領域にも拡大し、プライベートエクイティの領域を完全に網羅するようになり、現在のeFrontのフフラッグシップ製品であるeFront Investに進化しました。

オルタナティブ投資に特化

2003

eFrontは、2003年から2008年にかけて事業領域の精査に取り組み、オルタナティブ投資向けソフトウェアソリューションに特化するという進化を遂げ、フラッグシップソリューションであるeFront Invest(旧FrontInvest)を通じて、ファンド管理、業務、報告に焦点を絞ったソリューションを提供するようになりました。また、eFrontは欧州と中東地域へと国際展開を継続しました。

成長

2004

eFrontの顧客基盤は国際的に拡大を続け、顧客数は100を突破しました。

IPO

2006

eFrontはAlternextにIPOを果たし、次の発展段階へと到達しました。これにより、eFrontは各国のオフィス拠点を足掛かりに、本格的な国際展開に取り組み始めることができるようになりました。

国際展開

2008

2006年から2015にかけて、eFrontはオルタナティブ投資の分野に確固たる地位を築き、製品の開発と有機的な拡張を通じたオルタナティブ投資のニーズへの戦略的集中に取り組みました。一方で、北米およびアジア太平洋地域へと国際展開を継続しました。

成長

2010

eFrontの顧客基盤は世界的に拡大を続け、顧客数は28各国200を突破しました。

非公開化

2011

eFrontはFrancisco Partners社によって買収されました。この買収により、eFrontの成長戦略は北米地域への集中という新たな段階に入りました。

DMLT社の買収

2012

eFrontは、Investment Café投資家ポータル(現eFront Investment Café)を開発したDMLT社を買収しました。これにより、eFrontは投資ライフサイクルに渡ってソリューションを提供できるようになりました。

ANALYTX社の買収

2013

eFrontは、Private Equity Office ソリューション(現eFront PEO/VC)を開発したAnalytX社を買収し、プライベートエクイティ投資家向けのソリューションを強化しました。また、eFrontはこの買収を通じて、ベオグラードにある重要なデリバリーセンターを足掛かりに、東欧地域にも進出しました。

成長

2013

eFrontの顧客基盤は世界39ヶ国300となり、17のオフィス拠点からサービスを展開するようになりました。

製品発売

2014

eFront Portfolio Monitoringが公式発売され、ポートフォリオ企業データの収集と直接投資のモニタリングの革新的なアプローチが提供されるようになりました。

BRIDGEPOINT社による買収

2015

eFrontはBridgepoint社に買収されました。この買収により、eFrontの成長戦略は製品開発と 従来の買収の統合と最適化という新たな段階に入りました。

製品発売

2015

eFront Data Intelligence(旧eFront Investor Cloud)とeFront ESGが発売され、eFrontのオルタナティブ投資データ収集のパイオニアとしての地位がさらに強化されました。

製品スイートの発売と内部成長

2016

eFrontは製品提供を合理化されたソリューションスイートに再編しました。拡大する製品スイートと顧客基盤を支えるために、eFrontの従業員は600名以上に拡大しました。

製品発売

2017

eFront VaRが公式発売され、VaR測定の優れたアプローチが提供されるようになりました。

製品発売

2018

ジェネラル・パートナーとリミテッド・パートナー間のやり取りを合理化するという目的と共に、eFront Insightが公式発売されました。

リブランディング

2018

eFront は全く新しいブランディングにより、企業イメージを刷新しました。eFrontは2018年時点で、従業員700名以上で世界21のオフィス拠点から48ヶ国850の顧客にサービスを提供しています。この新たなブランディングは成長を続ける現在のeFrontを体現しています。

成長

2018

eFrontの顧客基盤は世界48ヶ国850の顧客に及び、21のオフィス拠点からサービスを展開しております。この成長を支えるために、eFrontの従業員数は700名以上に達しています。