eFront Officeについて

eFront Officeによって、オルタナティブ投資家は取引フローと資金調達パイプラインを最適化できる一方で、投資家エンゲージメントを最大化できます。eFront Officeを通じて、連絡先管理やパイプライン追跡からワークフロー最適化に至るまですべて、投資家は一元化された場所から各種CRM機能に簡単にアクセスすることができます。合理化されたソフトウェアソリューションによって、パイプラインを最大限に活用することができます。

現在オルタナティブ投資家が抱える主なCRMの課題

機会損失

体系化されていないCRMとパイプライン管理ソフトウェアシステムは、重要な投資機会と投資家を失う原因となります。

情報格差

部門間に渡ってさまざまなソフトウェアシステムと情報ソースを扱う場合、部門間に情報格差が発生する場合があります。

統合

異なるソフトウェアアプリケーション間の整合をとることは、時間がかかり困難となる場合があり、オルタナティブ投資サイクル全体をシームレスに管理することを難しくします。

関連性

オルタナティブ投資のあらゆる要件と企業特有のニーズに対処できるシステムを探し出すことは、容易ではありません。

詳細情報

現在利用されているツールでは、取引フローと資金調達パイプラインに関する詳細情報を整理して分析することが困難です。

製品の主な特徴

分析ダッシュボード

取引フローと資金調達 パイプラインを動的ダッシュボードで管理して、投資家タイプ、投資管理会社、金利レベル、業種、ユーザー、通貨、投資段階などのさまざまなレベルでパイプラインを容易に追跡して分析します。

CRM機能

連絡先情報、投資およびコミットメントの数値、アポイントメント、メモ、作業などを含む重要なオルタナティブ投資情報を整理、保存および追跡して、チーム全体のためにパイプライン情報のソースをひとつに維持しながら投資家エンゲージメントを最大化します。

規制コンプライアンスツール

詳細情報と単一の信頼できるソースを活用して、迅速かつ簡単に規制コンプライアンスと税務要件に対応できます。

詳細なワークフロー

カスタマイズ可能な各種ワークフローオプションにより、パイプラインを通してオルタナティブ投資機会の追跡と監視を行い、組織全体に渡り透明性と効率性を促進します。

Microsoft Outlookプラグイン

Microsoft Outlookと同期して、eFront Officeからもメールからも詳細な情報にアクセスできるようになります。また、メールからeFront Officeに情報を容易に取り込むことができるようになります。パイプラインを通じて効率性と秩序がもたらされます。

eFront Officeはオルタナティブ投資に影響を与えるか?

柔軟性の向上
最高品質のシステム
透明性の向上
統合性の拡張
パフォーマンスの改善
他のeFrontソリューションスイート同様に、eFront Officeは高度なカスタマイズが可能となるように設計されています。専門サービスチームは、最終製品がユーザーのあらゆるニーズを満たすように取り組んでおります。
オルタナティブ投資業界向けのソフトウェアソリューションの作成に携わってきた約20年間におよぶ経験と共に、eFrontはベストプラクティスと業界のノウハウを製品の開発と展開に取り入れ、オルタナティブ投資に特化して構築された専用ソリューションスイートで顧客をサポートします。
eFront Officeは、集約的なアプローチを情報の保管に適用します。Microsoft Outlookの直接プラグインとワークフローツールにより、eFront Officeは、チーム全体で単一の情報ソースを維持してアクセスすることを可能とすることで、チーム内の情報格差を防ぎます。
eFrontソリューションスイートは、ユーザーが投資サイクルの各段階を円滑に移行することができるように、eFront製品間のシームレスな統合を特徴としております。リミテッド・パートナーは、引き合いからエグジットの段階まで、取引フローを簡単に追跡することができ、一方でジェネラル・パートナー は、ファンドのエグジットを通して、潜在的なコミットメントと投資家エンゲージメントを容易に追跡することができます。
eFront Officeは、組織が抱える普遍的課題に堅牢なソリューションを提供し、作業、メール、イベント、アポイントメント、連絡先など、自身やチームが機会を逃さないようにします。

カタログをダウンロードする

お問い合わせ