パイプラインおよび取引フロー管理
オルタナティブ投資向け

プライベートエクイティ、不動産、インフラ、民間債などの資産クラスには、増大する資金が集まり続けているため、最高の資産を取得して投資家を引きつけるための競争は激化しています。投資家パイプラインと資産取引フローの管理で抜きんでるために、ジェネラル・パートナーとその他のオルタナティブファンドマネージャーは、オルタナティブ投資業界特有の物事を扱うために開発された信頼できるCRMとフロントエンドソリューションを必要としています。

eFrontのソリューションをご確認ください

eFront Office

eFront Office providesは、ジェネラル・パートナーとその他のオルタナティブファンドマネージャーに、資金調達と取引パイプライン活動を専門的に管理することに特化して作られたフロントオフィスソリューションを提供します。このソリューションによって、CRM型の機能を通じてIRチーム全体で投資家とアドバイザーの連絡先とネットワークを組織的に管理することができ、プロセスの始めから終わりまでコミットメントと資金調達目標の達成状況を厳密に追跡することが可能になります。取引チームは、投資機会を調べて取引パイプラインを構築することが簡単にできるようになります。また、eFront Officeには、一般的に利用されているコミュニケーションツールに統合できるように、Microsoft Outlookアドインやその他のインターフェースが搭載されています。

eFront Insight

多くの場合、ジェネラル・パートナーとその他のオルタナティブファンドマネージャーは、トラックレコードを分析してファンドや資産のパフォーマンスドライバーの発見に至る洞察を十分に得ることができません。eFront Insightの高度な分析プラットフォームによって、複数のデータソースを結合して、パフォーマンスに関する思いがけない発見をすることができます。ジェネラル・パートナーとその他のオルタナティブファンドマネージャーは、自身の実際の強みと弱みを把握することで、一貫した取引パイプラインと投資家エンゲージメント戦略を構築できるようになります。

eFront PEO/VC

eFront PEO/VCによって、ベンチャーキャピタルファンドマネージャーは、単一のエンタープライズ・ソフトウェア・ソリューションを通じて、パイプラインおよび取引フローの最適な管理に必要なすべての情報にアクセスすることができるようになります。オンラインダッシュボートと直感的なモバイルアプリから情報に簡単にアクセスできるため、ファンドマネージャーは出先でも情報にアクセスすることができます。また、eFront PEO/VCは、さまざまなCRM作業の自動化、MS Outlookとの同期、連絡先とコミュニケーション管理を改善できる専用ダッシュボードなどで重複、冗長作業を削減することで業務を効率化します。

お問い合わせ