eFront ESGについて

eFront ESGは、リミテッド・パートナーとジェネラル・パートナーが投資活動を通して基本ポートフォリオに関するESG情報の収集と分析を簡単に行えるようにするためのエンドツーエンドESG報告ソリューションです。eFront ESGは、まさに共同レポートポータルとしてデザインされているため、ESG情報の共有を促進しながら業界のベストプラクティスとサステイナブルな投資を促進します。.

現在ESGが抱える主な課題

業界でのプレッシャー

投資家は、資産クラス全体でESGへの取り組みを標準化する、および投資全体に渡りESGポリシーを維持するというプレッシャーにますます直面するようになっています。

認知度

ESGモニタリングとオルタナティブ投資におけるベストプラクティスに関するツールやガイダンスが一般的に不足しています。

情報収集にかかる時間

さまざまな異なる原投資に関する情報の収集には時間がかかります。

カスタマイズ

予め作成されたアンケートや融通の利かない手法では、具体的で詳細なESG情報を取得するが困難です。

製品の主な特徴

直感的なSaaSポータル

eFront ESGの直感的なインターフェースと自動化されたツールによって、カスタマイズした調査を作成して送信し、ジェネラル・パートナーとポートフォリオ企業から重要なESG情報を収集することが容易になります。投資家は必要な情報を必要なときに取得するために、進捗度や完遂率を容易に追跡することができます。

詳細な指標ライブラリ

豊富な指標ライブラリによって、カスタマイズした調査をすぐに作成して、必要なESG情報を的確に収集しやすくなります。eFront ESGのライブラリには、PRI(責任投資原則)の報告フレームワーク、SASB(米国サスティナビリティ会計基準審議会)、SICS(サスティナビリティ産業分類システム)など、業界を牽引するさまざまな主要団体の指標が含まれています。

情報ストレージの集約化

投資家はeFront ESGによって、ESG関連の情報を単一の集中型システムで管理することができるようになります。投資家は、eFrontのESGポータルを利用することで、過去および現在の情報収集活動で取得した情報に簡単にアクセスして分析することができます。

統合された製品スイート

eFront ESGはその他のeFrontソリューションスイートと完全に統合されます。これにより、投資家は投資サイクルを通して、貴重なESG報告情報を容易に活用できるようになります。

eFrontはどのようにESGへの取り組みに影響を与えるか?

時間の節約
柔軟性
リスクの低減
信頼の構築
意思決定の改善
eFront ESGの自動化機能により、投資家は投資すべてに関わるESG情報を素早く収集しやすくなります。投資家は、要求した情報の回答状況を簡単に管理できるため、回答状況の確認に時間や労力を費やすことは不要です。
投資家はeFront ESGの豊富なライブラリの指標を容易にカスタマイズして、最小の労力で独自の調査を作成することができます。これによって、投資家は必要なESG情報を的確に収集しやすくなります。
eFront ESGは業界のベストプラクティスに基づいて作られており、PRI(責任投資原則)の報告フレームワーク、SASB(米国サスティナビリティ会計基準審議会)のスタンダード、SICS(サスティナビリティ産業分類システム)を取り入れています。これにより、投資におけるESG関連のリスクについて包括的に把握することを可能とします。
eFront ESGは、投資家がESGコミットメントに関する詳細な情報をステークホルダーに伝えるのに役立ち、透明性を促進して信頼を築きます。
eFront ESGによって、ユーザーは収集したESG情報に基づく洞察を得ることができます。その他のeFrontソリューションスイートとの完全な統合により、投資家は投資サイクルを通じてESG情報を簡単に活用することができます。

カタログをダウンロードする

お問い合わせ